読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gobble up pudding

プログラミングの記事がメインのブログです。

MENU

CSS入門におすすめのサイト w3schools.com

スポンサードリンク

f:id:fa11enprince:20110302145903j:plain
w3schools.com CSS Tutorial
f:id:fa11enprince:20140523000153p:plain
CSSのオヌヌメサイトの紹介です。JavaScriptを始めようと思った僕がいきなりつまずきました。そう、CSSがわからない。どういうルールなのコレ?って感じで(´・ω・`)ショボーンです。
別にJavaScript使わなくてもブログを書いている人なら一度はCSSが気になったことがあるのではないでしょうか?はてなでも、テンプレートのデザインをCSSである程度いじることができますから。
まぁ、書籍買えば即日覚えて、見ながら使えるようになるんでしょうが、CSSごときにお金を使うのはMOTTAINAI。いや、デザイナー向けの本は価値があると思いますよ。ただ、入門書を買うのはMOTTAINAI。大事なことなので2回言いました。じゃあ、Webでググって、とおもいましたが、やたら冗長な説明。まぁそりゃそうだけど、HTMLの説明から入る。
眠いよ(´Д⊂ヽ
と夏の江の島の海…ではなく、Webの荒波をサーフィンしていると、さすが!!いいサイト2つ見つけました。CSSのことがシンプルに必要なことだけ書いてあるサイトがこれ(CSSの簡単な使い方)でした。必要十分かつ簡潔な説明。これでCSSはわかりました。
普通の人間ってバカだから、写経が必要ですよね。天才型の人は除く。
ひたすら、書いて覚えて試して。そうなると書籍が効率がいいのですが……。うーん、テキストファイル作ってhtmlとか拡張子かいて気が向いたら.cssってファイル作って…。だるいっすね。
ドットインストールという、良さそうなサイトをみつけましたが、僕にとっては高校の授業とかを思い出すようで、動画が子守歌に聞こえてしまって、僕の性にはあいませんでした。
と思ってたらー!!!神サイト発見ここです(CSS Tutorial)。
難点があるとすれば英語。英語に抵抗がない人にとってはこれ以上ないってくらいいいサイトです。英語とはいっても、平易な英語ですので、中学英語程度の英語力さえあれば楽に読むことができるはずです。最悪、グーグル翻訳にかけてもいいのかも。
このサイトの「Try it yourself」と書いてあるボタンを押すと、
CSSをお試しできる画面に遷移します。
左側にコードを書いて、真ん中上あたりの「Submit Code」のボタンを押すと
右側の画面に結果が表示されます。
これはイイ!!
さらにCSS TutorialやCSS ExamplesやCSS Quizなどもあってチュートリアル形式でサンプルが表示されて、それを自分の好きなように改変して覚えることができるようになっています。
他にもCSSを練習できるコンテンツがたくさんです。
さらにHTMLやJavaScriptなど他のコンテンツも充実している模様。
これでタダなんて信じられない。