読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gobble up pudding

プログラミングの記事がメインのブログです。

MENU

DirectX(DirectX 9)とWindows SDKについて

Windows8(Windows7も含む)DirectXを使おうとしてちょっとあれれってなったので記事を書きます。 DirectXで開発するためにはDirectX SDKが別途必要です。当然ランタイムだけではダメです。 しかし、Windows7以降はWindows SDKと統合されているので、Visual St…

Win32++を使ってみた

毎回自分でWIN32APIのひな形だったり めちゃくちゃ薄いラッパー書くのめんどくさいですよね。 …WIN32APIのひな形だけならVC++が自動で作ってくれるけどもC言語の構造化プログラム丸出しで あぁ…って感じのしか作れないから……。 かといってATLやMFC使うまでも…

libpngライブラリを使ってみた。

2013/12/29日時点の記事です。 libpngをVisual C++ 2012で使ってみました。 途中でCygwinを使って作業した関係で/と\の表記がぐちゃぐちゃになっていますが許してください。 libpng使い方 For Visual Studio 2012(VC++) 必要なもの Visual Studio 2012(他バ…

コピーコンストラクタ&代入演算子のオーバーロード復習

基本に立ち返ってC++の復習です。 個人的にあんまり使わない機能のコピーコンストラクタ&代入演算子の使い方。 独習C++のサンプルをちょこっと変えてコードを書いてみました。 これらの機能の使い時はメンバにポインタが含まれていて、 参照先が同じ値(アド…

自動領域確保1次元配列クラスを作ってみた。

要は劣悪std::vectorみたいなクラスです。 なんかまずいコードが混じってる気がする。 特にset用のoparator()()がまずい気がする…。 長さの管理が投げやりな感じでダメダメっぽい。 vectorみたく倍々でallocしてったほうがいい気がします。 コピーコンストラ…

C++で2次元配列(文字列)の動的確保

前回のC言語C言語で2次元配列(文字列)の動的確保 - Gobble up puddingで2次元配列(文字列)の動的確保の続きです。 C++のnewによる前回説明したパターンと同じやり方です。 mallocの代わりにnewを使います。mallocを使う場合はC++ではキャストが必要になり…

C/C++でファイル一覧を再帰的に取得する方法

C/C++でファイル一覧を指定したディレクトリから再帰的に取得するソースです。 WindowsとLinuxで共用できるように書いてます。 bool traverse(const char* filepath, const int maxdepth, int curdepth); が今回のファイル一覧を再帰的に取得する処理です。 …

マージソートの実装

作業記録的なものです。ひどいコードなので、ネットにさらすのもためらわれますが、 とりあえず、マージソートを自力で実装してみました。 誰が書いてもこの程度のアルゴリズムじゃ同じよーな実装になりますね(;'∀') VC++だと、templateを使ったときにinclus…